FC2ブログ
北大基礎スキー部のブログです。部員が持ち回りで更新していきます。
また滞納してすいません。
四年目長友です。何を書いたらいいのか、何でもいいんでしょうが悩んでしまいなかなか書き出せませんでした。あんまりパッとしなかったスキーや部のあり方などもあるのですが、堀田やらまほが書いてくれているので十分かなと思います。
なので自分はただ感謝の意を伝えさせてもらいたいと思います。めちゃめちゃ長いです。もっとコンパクトにできたと思います。またあぁこいつちょっと自分に酔ってやがんな、表現がイキってやがんなと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、真夜中のラブレター現象ということでご容赦ください。

先輩方には非常にお世話になりました。特に今年の岩岳ではサポートの人数が少ないということで、自分の出番もあるのに入れ替わり立ち替わり手伝っていただきました。本当に申し訳ないくらいありがたくて、あの場で十分にお伝えすることができなかったのでこの場を借りて感謝意を伝えさせていただきます。本当にありがとうございました。
またスキー面でもなかなか治らない自分の癖に付き合ってくださったり、知識を惜しげもなく与えてもらいました。
スキー以外も遊んでもらい、楽しませていただきました。度々追い込まれ粗末な芸を披露しましたが良き思い出です。いやそんなことはない、今でもキツイです。ありがとうございました!

次は同期に
この時点で既にめちゃめちゃ長いのですいません。時間がない人はここで読むことをやめたほうがいいと思います。
ある人は合わない、悪くなる程の仲すらないと言い続けてきましたが、非常に頼れて男気があり宣誓文は面白くなかったけど尊敬できる人物です。
ある人は賢く仕事ができるけど変なノリや悪いイジリ方にも付き合ってくれる優しい人です。
ある人はふわぁとか言うてるけど一緒にいてもノンストレスで、熱く面白いしなやかな人物です。
ある人はたまにブラック過ぎるジョークに戸惑うのですが判断が冷静で仕事ができる人です。
ある人は誰よりもいい意味で悪く人を見ていて面白くストイックな人物です。家も綺麗です。
ある人は本当にムードメーカーという感じでその人からいつも始まっている感じがします。発想は唯一無二です。
ある人は家にいれば冷えないのに、わざわざ歩いて銭湯にいって冷えて帰ってくるという無駄なことに付き合ってくれる有り難い人物です。
ある人はたまにケツ蹴りたくなるのですがいざという時にはどうしようもないくらいかっこいい人物です。
ある人は結構遊んだなぁって感じです。芸に追い詰められたのを見るのは非常に愉快でした。
ある人にはだいぶ救われていた気がするなぁと思います。いつ何時でもトラブルは起きるので飽きない人物です。一番面白いです。
ある人物はこれを見るとなげぇ!うぜぇ!頭おかしいんじゃね!とか言うでしょう。
ある人物は名前の字がよく似合う義に熱く愛に生きる男です。本当に楽しかった。
ある人物は見るとソワソワして構わずにはいられない人物です。そういう雰囲気が彼が愛される所以だと思います。
ある人物は一番仕事ができるかつ仕事をこなしていたのではないかと思います。冬はお得意様にしてもらってよく乗せてもらいました。
ある動物は獣のわりにはよく喋り暖かいです。獣のわりには優しく面白いと思います。
ちゃんと服を着ているので偉いと思います。
ある人物は後輩に熱心に教えているのが印象的でした。その度に初期のことを思い出して笑ってしまいます。
ある人物は結構無茶な要望にも答えてくれ、よく外されるメーリスからも救ってくれました。同じ学館のゴムを食べた人物です。
やっと最後ある人物は最後まで一緒にやってきてくれて本当に嬉しいです。コブの下で励ましてくれた恩は頑張って忘れないようにします。
本当にありがとうございました。

同期LOVEがじっとり気持ち悪く感じてきたと思うのでやっと後輩に移りたいと思います。だいぶいい先輩ぶりたいと思います。
あんまり尊敬するポイントがないながらも、色々一緒にやってくれてありがとうございました。しかしカワノダはしばく。雑に弄ったりしてすいません。ちょっと気持ち多めに払うくらいしか先輩らしいことはできなかったのですがとても楽しかったです。しかしカワノダはしばく。皆さんはいい先輩になってください。

もっと書ききれない感謝があり、一人一人に菓子折りを送りたいのですが、あまりに面倒なのでしません。本当周りの人のおかげでやってこれたと思うので返しきれない恩を感じています。ありがとうございました。

頭の悪い文章ですいませんでした。
次は自分があまりに長いので次の村上くんは
三年間の思いを短歌でまとめてくれるみたいです。お願いします。


【2018/03/20 23:41】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック