北大基礎スキー部のブログです。部員が持ち回りで更新していきます。
皆さんこんにちは。元部長の小林です。
僕は今カナダのトロントにいます。3月17日に代替わりをし、31日に日本を飛び立ち9ヵ月間のワーキングホリデー中です。
こんな感じで短期間に周囲の状況が一変したため、部長を引退したのがはるか前のことのように感じられます。
というわけで、僕の基礎スキー部での3年間の現役生活をカナダから振り返ってみたいと思います。
 
まずそもそもなぜ僕が基礎スキー部に入ったのか。スキーが好きだったというものありますが、第一は「楽しそうだったから」でした。入部してからはオフシーズンのため、皆と遊んだり飲んだり。確かに楽しかったのですが、心のどこかで「なぜ自分はこの部に入ったのだろう」と思っていました。シーズンインするとその疑問は解消されました。
今までお茶らけていた先輩たちの目の色が変わり、スキーに対するひたむきな姿勢に目を奪われました。素直にかっこいい、と思いました。自分もこうなりたい、言葉じゃなくて背中で語れるような先輩に、人間になりたい。そんな思いを抱いて僕の1年目は終わりました。
 
気付いたら3年目になっていました。自分が部長となり、部を引っ張っていかなければならない立場になってしまいました。
自分は特段スキーが上手いわけでもないし、威厳もない。そんな自分が部をまとめるためには、自分にしかないものを生かすしかないと思いました。なので、いい意味で歴代の部長のことは見習いませんでした。真似したところで自分がそのような部長になれるはずがありませんからね。何か問題にぶつかったら、自分で精一杯考えて、自分なりの方法で乗り越えてき(たつもりです)ました。上手くいかないこともありましたが、何とかやり切れたのでホッとした気持ちが大きいです。
ただ、岩岳で優勝できなかったのはあまりにも悔しいです。個人としても期待されていたであろう順位をとれず、部に貢献することができませんでした。スキーに関しては悔いが残りまくっているので、大学卒業するまで全力でやり切りたいです。
 
後輩へ一言。皆言ってますが、第一に基礎スキー部を楽しんでください。スキーを楽しんでください。スキーに対してどんな思いを持っている人でも楽しめる最高の部だと思います。どんな形であれ、3年間やり遂げた後に何か残るものがあれば君の基礎スキー部生活は大成功です。
それをした上で、スキー上手くなって、今度こそ岩岳で優勝しよう。1月に僕が帰ってきて、一味も二味も違う皆と会えることをとても楽しみにしています。
 
最後に同期へ。3年間本当にありがとう。特に最後の1年間は大変なことも色々あったけど、皆がいたからここまでやってこれました。僕の3年間は最高に楽しかったです。帰ってきたらまた飲みましょう。英語でね。
 
ブログ書くの遅くなってしまって申し訳ございません。早速老害発揮しましたね。
それではお次は新部長の高杉に回します。「俺いいこと言いたいから最後がいい」というなら笹原でも可。

【2018/04/09 03:34】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック