北大基礎スキー部のブログです。部員が持ち回りで更新していきます。
こんにちは。

よく知らないのですが、暖かな春が来た方が多いみたいですね。おめでとうございます。素直に祝福する心がこの少し暗い御時世には大切だと思います。僻みや妬みは軋轢を生みますからね。

オウフw少し取り乱したでござるw
拙者これではまるで紳士みたいwwwコポォ

さて、最近あったことでも書こうと思うのですが大学も始まり何も変わらない生活がスタートした今、特に実のある話はありません。割と実のあった夏休みの事でも書こうと思います。

最後の授業は8/15の組織学で、その少し前から例のじゅんじゅんさんの箱根牧場にバイトに行っていました。簡単な接客から材料の調合、アスパラの箱詰めなどいろいろやらせてもらいましたが一番印象に残ったのがかぼちゃですね。朝から夕方まで広大な畑の端から端まで千手ばさみでかぼちゃさんを取っていくんですがこれがまたすごい。語彙が乏しくて表現できない。僕は何故か悪い夢ばかり見てしかもそれが夢であるとは絶対に気づかないので「ああああああ死にてえええええ」ってなって朝起きるとそれはもうとても安心します。そんなときにかぼちゃさんが夢に登場してとても和みました。ありがとうパンプキン。君に出会えてよかった。ちなみにかぼちゃは「くりゆたか」という品種です。名古屋のスーパーにも北海道産くりゆたかが並んでいてなんだかほっとしました。

8月の下旬に日高静内の北大の研究牧場に実習に行きました。日本短角種とか道産子とかがたくさんいてまさに日本ではないどこかでした。初めて哺乳類も悪くないなあと思いましたが宿舎が断水してお風呂の時水が出なかったのが残念です。その時は新冠温泉というスーパー銭湯に全員で行ったんですがその露天風呂はとなりが覗けます。覗き穴というレベルではないです。

9月にまたかぼちゃを刈りに3日ほど箱根牧場におじゃましてそのあと実家に帰りました。折しも台風12号の襲来で飛行機を何度か振り替えました。安いというスカイマークを使ったんですが振替の時に予約センターに電話する際に何回かけても繋がらない。9時から掛け始めて繋がったのが13時でした。さらに振り替えた便がまた欠航になったのでまた100回ぐらい掛けました。普段はいいかもしれないですけどこういう時には大手との違いが際立ちますね。

一週間程実家の池に住んでるカメさんと語らった後、免許をとりに自動車学校の合宿に行きました。岐阜県の関市にあるんですがこれがまた割と田舎でして最寄りのATMまでチャリで30分、東海地方のローカルスーパーであるバロー(Valor)へは20分です。坂道発進が割と不安定でしたが仮免も通って卒検みきわめまではまあ順調に行きましたね。初めて路上出たときに今度は台風15号の襲来の大雨で視界ゼロだったのは死にそうでしたが。教習車がアイドリング時でもエンジンが1000回転ぐらいするように設定してあってクラッチだけでゆっくり走れるのは良かったです。仮免はまだしも運転に慣れてきた卒検で落ちるのは珍しいみたいですね。同じ検定車の僕の前の人が一時停止でずるずる行っちゃってあぼーんした後、gkbr状態でスタートして最初の信号交差点の黄色信号でブレーキを踏まれてしまいました。そういえばある暴走族上がりの教官に「後藤君はねww頭もいいし運転の素質もあるよwwでもキミは事故るタイプだから気をつけてねww」って言われた気がします。その日の検定では他にも経路逸脱や歩行者無視等で計5人落ちて教習所始まって以来の大惨事だったそうです。こんな事書くとひどい教習所だと思われるかもしれませんが決してそんなことはありません。またしても寮が断水してお風呂使えなかったこと以外は総じて良いところだったので合宿で取ろうと思われてる方は紹介料も出ますのでぜひどうぞ。

そんなこんなでもう10月です。日本GPの季節がやって参りました。去年のカムイさんは圧巻でしたが最近はセカンドドライバーのペレスの後塵を拝することも多く、ザウバーの戦略とも合ってないみたいです。それでも来シーズンも契約は決まっているのでこれからは調整も含めて頑張って欲しいです。この週末はトレとかあって生で見れないのが残念です。実況スレに張り付くつもりだったんですが・・まあ実家近くのの東山通り(県道60号)を歩いてたらフェラーリの真っ赤なトラックが二台通ったのを目撃したので僕は満足です。マシンを乗せてセントレアから鈴鹿まで輸送してたのかな。

ガタガタ アッ!こんな所にいやがったのか!さあ、さっさとレポートを書く作業に戻るんだ!!  
残り6枚です。期限の10/3には間に合いませんでした。アーメン。

次は菊地氏

















追記を閉じる▲











【2011/10/07 22:24】 | 2年目
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック