北大基礎スキー部のブログです。部員が持ち回りで更新していきます。
こんばんは、インフル寺井こと、2年目のオレです。

インフルエンザにかかったのが、久しぶりで、
「いや、これくらいの辛さならただの風邪だろー」
って思って、2日放置してたら2人にうつしてしまいました。
ホントに申し訳ありませんでしたm(_ _)m

この時期に具合が悪いと思ったら早急に病院へダッシュしましょう。
周囲に迷惑をかけてから反省しても手遅れです。


と、まぁ心構えはこのくらいにして、かかってしまった場合の過ごし方を参考程度に。
なにせ熱が下がってからも2日経つまでは日常生活に復帰できないのです。

①勉強…なんといってもテスト期間。学生の本分を全うしましょう。
②勉強…成績がつくこの時期にレポートなど、普段よりも時間をかけてクオリティを高めましょう。
③勉強…体を動かしたいでしょうが、家から出られません。諦めて勉強しましょう。

ちなみにインフルを告知されてから僕がしたことは、
④読書
⑤映画・ドラマ鑑賞
です。
①②③なんて建前中の建前です。

その結果、インフル休暇中に素晴らしいドラマに出会うことができました。

その名も「SHERLOCK」!!
まぁピンときた人もいるでしょう。
そうです!あのシャーロック・ホームズのドラマです。

シャーロック・ホームズが21世紀のロンドンにいたら・・・という考えに基づき、原作をアレンジして製作されたドラマです。

まず、シャーロック役のベネディクト・カンバーバッチとワトソン役のマーティン・フリーマンがハマり役!!
第1話から違和感なく観れます!

そして、何よりも脚本が素晴らしい!!
マーク・ゲイティスとスティーブン・モファットの原作の解釈、アレンジ、アプローチ、どれを取っても古臭いものはなく、違和感を感じるほど突飛なものもない。この2人からはシャーロキアン臭がプンプンしますねー

小ネタにもこだわりを感じます。
誰でも一度は使ったことのあるであろう、あの有名なセリフ、
「あなた、アフガニスタンに行ってましたね?」を、
「アフガニスタン?イラク?」としたところなんてワクワクしますね!
あんまり言うとアレなので、この辺で・・・

すべての話に元ネタがあるのですが、その原作を知っていても先の展開を読める話はありません。
それでいて原作の特徴的なところは損なってないので、知っている人はニヤッっとせずにはいられません!
このドラマは観て楽しめるだけでなく、世界中のシャーロキアン達への研究提示ともなっていることでしょう!

1シーズン3話で現在2シーズンが終了したところなのですが、
第2シーズンの最終話の元ネタが「ライヘンバッハの滝
ここまで言えば伝わる人には伝わるでしょう。この気持ち。
ん~~~~~~~~第3シーズンはよこいや!!
ちなみに第3シーズンの元ネタは、「スマトラの大鼠」「独身の貴族」「最後の挨拶」と予想されています。


いろいろはしょってたらスカスカになってしまいましたがこれ以上書いたら長いって怒られそうなのでやめときます。

次、インフルカワジA型で



【2013/02/04 19:13】 | 2年目
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック